お役立ちコラム:顧問税理士を選ぶ際のチェックポイント

税務のプロでもある顧問税理士は頼れる存在

事業運営を行っている経営者にとって、非常に頼りになる存在が税理士です。

法人や、規模の大きな個人事業主であれば、顧問税理士契約を結んでいるケースも多いでしょう。

事業を行っていると税務申告をしなくてはなりません。

申告書に間違いは許されませんが、税金の計算や、申告書の作成は意外に大変で、知識のない人が行うと、大きな問題につながってしまうでしょう。

そのような場合になると修正申告等の必要や、追徴課税などの支払いもあり得ます。

企業の信頼を損ねることにもつながり、また税務作業に工数を取られるのはとても勿体ないことです。

税金に関してはプロでもある、顧問税理士に依頼をすることで、すべてが円滑に進むことでしょう。

しかし顧問税理士を選ぶ際には、チェックしておきたいポイントがあります。そのポイントを知っておくことで、悲惨な思いをする可能性が低くなります。

顧問税理士を選ぶ際に覚えておきたいチェックポイントについて

税理士は税務のプロということもあり、依頼者を下に見ているケースもありますが、それでは信頼に欠け、聞きたいことも聞けません。

依頼者に対して真摯に接してくれ、常識を持ち合わせている人に顧問税理士になってもらうべきです。

脱税は犯罪ですが、節税のアドバイスをしてくれる顧問税理士はありがたい存在です。

それぞれの事業者によって、適切な節税方法は異なりますが、きちんと業務内容などを把握し、最適なアドバイスをくれる顧問税理士が理想です。

税理士の中には単なる税務だけでなく、経営面のアドバイスをしてくれる人もおり、これについてもチェックポイントに加えたいです。

そして重要なのが、価格面で、サービス内容自体は優秀でも、それに釣り合わない程の高値だと理想的な顧問契約だとは言えません。

選ぶ顧問税理士次第で、今後の事業の行方が大きく左右される可能性があります。

前述した通り、チェックポイントに該当する税理士と顧問契約を結ぶことが理想です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。