お役立ちコラム:顧問税理士が行うコンサルティング業務とは?

顧問税理士ってどのような業務を行うの?

顧問税理士は、経営に対しての様々な知識とノウハウを持っており、有能な税理士に出会うと、会社の業績に大きく貢献してもらえる可能性があります。

顧問税理士が行う業務は幅広く、所得税や法人税といった、税務代理業務や税務書類の作成、経営者の税務相談や、会計、そしてコンサルティングなど様々です。

会計や税務といった業務がメインですが、経営コンサルティングの立場で経営に関するアドバイスを行い、会社の利害関係者に、会社の状況を明らかにするといった役割もあります。

その為、企業の経営者にとっては大変重要な存在になってくるでしょう。

顧問税理士のコンサルティングとは?

会社の経営において、会計面からの問題などを提起し、経営に力を入れることになります。

中小企業の経営者が、税務などの業務を税理士に委託するために、顧問税理士を雇い入れますが、すべての税理士がコンサルティングに精通しているわけではありません。

経営上の問題点を発見して、原因を特定し、問題を解決してくれるコンサルティングを行ってくれる顧問税理士であれば、経営に大きなメリットがあるのです。

その為、経営者が本気で問題に立ち向かう気持ちを、大切にする顧問税理士を探しましょう。

コンサルティングも頼むメリットとは、顧問税理士によるコンサルティングが、通常のものとは違う視点であり、会社のことを考慮し、判断した上で行えるメリットがある為です。

経営コンサルタントなどにお願いする場合は、会社の問題点を自ら提起して行わなければなりません。

さらに報酬は別に支払わなければならず、かなり多額になる場合もあります。

その点、普段から自社の会計について精通している顧問税理士だからこそ、独自の立場で問題を提起してもらえるのです。

報酬も通常報酬の範囲内で良い為、経営コンサルタントに頼むよりも安価で済みます。

さらに、市場における会社の立ち位置などを、幅広い経験から示唆してくれるメリットもあります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。